Maya 2022 では Python が 2.7 から 3.7 へついにアップデートされました。

しかし、Python 3.x と 2.x には数多くの違いがあり、2 用に書かれた多くのコードはそのままでは 3 では動作しません。

Maya 2022 に完全に移行できれば良いのですが、まだしばらくの間は過去の Maya も維持する必要がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

また、経過的な措置として Maya 2022 は Mac 版を除き Python 2 も搭載していますので、Maya 2022 だけを見ても 3 と 2 が混在した状況となっています。

そこで、本セミナーでは、これまでのコードを Python 3 と 2 のどちらでも動く形にスムースに移行させ、これからも互換性を維持しながらコードを書いていくためのノウハウをご紹介します。

【講演者紹介】


佐々木 隆典 氏
株式会社スクウェア・エニックス
テクノロジー推進部
リードテクニカルアーティスト

建築やエンジニアリング分野のCG制作業務などを経た後、1996年にスクウェアに入社。Final Fantasy シリーズなどでツール開発やCGムービー制作を担当。
2002年にコナミに入社。Enthusia でプログラマー、Metal Gear Solid 4 でキャラクタリグ開発担当。
2007年にスクウェア・エニックスに入社。技術部門で、DCCツール関連の社内サポート、プラグイン開発、キャラクタリグ開発などを担当。
CEDECなどでリグやツール開発の講演を意欲的に行っている。

日時 2021年5月18日(火)15:00-17:00 ※途中休憩を含む  
会場
参加費
定員 申込受付中
対象
主催 株式会社ボーンデジタル
共催
協賛
内容
備考

お問合わせ

株式会社ボーンデジタルイベント事務局
event@borndigital.co.jp