テレワークが進み、動画を内製化する話をよく耳にするようになりました。
自社のプロモーションから社内向けチュートリアルやマニュアルなど、様々な動画が求められるようになってきました。
-簡単に動画制作と言ってもどこから始めれば良いのか?
-どこまで作ればいいのか?
-何を使用すれば良いのか?
など、正直どうすれば良いか分からないという方が多くいらっしゃいます。

そこで今回のセミナーでは、全部のコンテンツを一から自分で作るのではなく、素材を組み合わせてなるべくシンプルに動画を作る方法をご紹介します。

ゲストに映像作家、音楽家でもあるスタジオねこやなぎ代表の大須賀 淳 氏を迎え、初めてでも挑戦できる動画編集方法を1時間という枠でご紹介いただきます。
ぜひご参加ください!

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2021年5月26日(水)15:00-16:00  
会場
参加費
定員
対象 動画内製化でお困りの方・これから動画制作を始めようと思っている方 など
主催 ボーンデジタル
共催
協賛 アドビ株式会社
内容 <内容>

・動画内製のメリット
「製品の使い方」などちょっとした情報を、季節やその時の話題にあわせて動画で発信することで、カスタマーとの関係を築く上で大変有効に活用できるようになります。
こうした小回り重視のコンテンツは、内製するほうがメリットが大きくなるので、そのあたり含めてご紹介します。
・動画の設計
いきなり動画制作を始めるのは非効率的です。そこで簡単な脚本が重要に!
・Premiere Rushの概要
・他のモバイルアプリとの連携
・Adobe Stock、Adobe Fontsから素材入手
・Premiere Proへの移行
RushからPremiere proに引き継ぐことで、さらなる効率化UPを実現可能に。
・質疑応答
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

大須賀淳

スタジオねこやなぎ
代表
1975年生、福島県出身。映像作家、音楽家。スタジオねこやなぎ代表。
企業ビデオ等様々な映像・音楽コンテンツを制作すると同時に、書籍や雑誌での執筆、大学やeラーニング等での講師、製品デモなども数多く務める。2014年、日本初のシンセサイザードキュメント映画「ナニワのシンセ界」を監督。
近著は「Adobe Premiere Pro超効率活用術」(玄光社)ほか。

お問合わせ

株式会社ボーンデジタル イベント事務局
event@borndigital.co.jp