リモート環境が大幅に進み、ECサイトはもちろん様々なシーンでバーチャルフォトの需要が高まっています。

コロナ禍での実際の撮影が難しいケースなどで活用されるバーチャルフォトですが、いざ始めようと思っても 3DCG はハードルが高く、何から手を付けて良いか分からないという方も多く見受けられます。

そこで今回のセミナーでは新たに加わったAdobe Substance 3D 製品を使用してバーチャルフォトを作成する方法をご紹介します。

今なぜバーチャルフォトが求められているのか?
どうやって制作すれば良いのか?などデモを交えてご紹介します。

Substance 3Dとは:


3Dマテリアル+ステージを作成、キャプチャ、ペイントし、3Dシーンをレンダリングするツールです。
今回のセミナーでは下記の3製品をご紹介します。

・Substance 3D Stager:専用バーチャルスタジオで、最先端の3Dシーンを構成し、レンダリングできます。
・Substance 3D Painter:3Dモデルにリアルタイムでテクスチャをペイントする業界標準アプリです。
・Substance 3D Sampler:実写画像から、3Dのマテリアルとライトを瞬時に作成します。

日時  
会場
参加費
定員 申込受付中
対象
主催 ボーンデジタル
共催
協賛 アドビ株式会社
内容
備考

加藤修一

アドビ株式会社
Creative Cloud Specialist
インターネットベンチャー企業でWebデザインやディレクションを経験した後、2013年5月にアドビに入社。主にエンタープライズの企業様向けにCreative Cloudを用いた業務効率化・ワークフロー改善をご提案。Webやモバイルアプリ制作から2D/3Dグラフィックまで、幅広くAdobeソリューションのご紹介を行なっています。

お問合わせ

株式会社ボーンデジタル イベント事務局
event@borndigital.co.jp