実際の製品写真からマテリアルを作成したいと思った際に、難しい知識不要で簡単に実現できるのがAdobe Substance 3D Sampler。
最新版では物理サイズにも対応し実寸での作業ができるため、より簡単にマテリアルの適用が可能になりました。
今回のセミナーでは、実際の写真を撮影するところから、モデルにマテリアルを適用する方法までご紹介します。

さらに、まだSubstance 3D を使ったことが無い方向けにその他製品もご紹介します。
この機会にSubstance 3D 製品の活用方法をご確認ください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2022年8月9日(火)16:00-17:00  
会場
参加費
定員
対象 Substance 3D製品を導入している方、これから導入予定の方|3DCGの内製化をご検討の方|Adobe Creative Cloudをお使いの方
主催 ボーンデジタル
共催
協賛
内容 <内容>
・スキャンした生地や写真データをSubstance 3D Samplerに取り込みマテリアル化
・新機能の物理サイズを用いたワークフローと物理サイズに対応したその他アプリとの連携
・Substance 3D Painterとその他 Substance 3D 製品紹介
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社ボーンデジタル イベント事務局
event@borndigital.co.jp